CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
100回泣くこと /中村 航
私は多分いま弱い。
守られたいって気持ちがいつもどっかにある。
ひとりぼっちじゃないのに。


独りじゃないけど、絶対的な誰かが存在するようになると。
やっぱりあの時の自分はひとりだったと思う。

それなのに。
その絶対的な誰かが欠ける時が来たら。



結婚式での誓いの言葉。
じっくり読んでみたこと、ありますか?
| 02本 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
角川文庫
今年の夏の文庫フェア(?)
新潮文庫は金のストラップ(しおり)で、全く興味がないんですが、
角川文庫はブックカバー(防水仕様)がもらえるらしい。
どちらも2冊読んだら必ず貰えるんですよー。
だから買おうかと思って、ラインナップを眺めていたんですが、
意外と読みたいと思うものを100冊から2冊選ぶのは難しい・・・
あ、いや、読みたいものはあるんだけれども、いつも中古書店を
利用している者としては、ちゃんとした金額を出してまで読みたい本
が見つからないというか。
まー夏休みは長いし、ゆっくり何買うか考えますかねー。

↓私信のみです。をば集関連。
続きを読む >>
| 02本 | 02:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
読書のススメ。
最近読んだ本

どちらもジャンルはミステリーなのですが、一風変わった感じです。
まず『空飛ぶ馬』は、ミステリーといえど殺人は起こらない。
日常をある切り口(主人公の視点)から見たときに、何故だろう?
と思うことを、解き明かしていくというものです。
今まで北村さんの作品は、『ターン』『スキップ』の2冊しか読んだことが
なかったけど、漠然と好きだなぁと思っていて、
この作品を読んでもそれは変わらなかった。
なんだろう。作品の雰囲気が好きなのかな。話的には全然違うから。
一見ほわ〜んとしてるんだけど、読んでるほうの感情がすごく動かされる。
そんな作品だと思います。

で、『すべてがFになる』は、読む本がなくて退屈だったので、友達から借りました。
こちらは殺人事件が起こるんだけど、私的には、この本のメインは
殺人事件以外のところにあると思います。
登場人物の考え方について、考えさせられることが多いというか。
ただ、終わりがはっきりしないと好きじゃないって方にはお勧めしません。

ということで、今日は本について書いてみました。
でも本当にお勧めしたい本は書けなかった。
この方の作品をお勧めするには、もうすこし。。。もう少し時間をください。
| 02本 | 22:46 | comments(3) | trackbacks(3) |
| 1/1PAGES |